野沢ホスピタリティー.gifkawamotoya.jpg

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


野沢温泉はお湯も人もあったかぁ~い

野沢の湯の発見には諸説あります。
聖武天皇の時代の僧行基によるものという説、修行中の山伏が見つけたという説、手負いの熊が猟師に教えたという説…。いずれにしても相当古くからこの地には湯が湧いていたようです。人々が湯治という形でこの山里を訪れるようになったのは江戸時代のこと。飯山藩主松平氏が惣湯(大湯)に別荘を建て、庶民にも湯治を許可したのが始まりといいます。北信濃や越後の農家の人々は農閑期の「ごくろう休み」に訪れ、一年の疲れを流して行きました。時代は変わっても湯は変わらず今日も野沢温泉の湯は村民に守られこんこんと湧き続け訪れる人の心と体を温めています。


かわもとやのFacebookページでは素敵な写真と共に最新情報をお伝えしております。
ぜひフォローしてご覧ください。






ta_02_R.jpg
ta_01_R.jpg
b02_R.jpg
nozawa_ski.jpg
bt16-.jpg